ステンレス製品をオーダーメイドしませんか?
ご相談・お問い合わせフォームへ
特注・単品試作・小ロットでの製作承ります

なぜ、単品製作専門なのか

ホーム > なぜ、単品製作専門なのか > 板金屋とは

板金屋とは

板金屋にもさまざま種類、業態があります。ここでは、今野製作所がどんなタイプの板金屋に属するかをご説明します。

板金屋の種類

板金業態イメージ板金屋と聞いて多くの方は、『自動車』関係を連想するのではないでしょうか?
板金は、大きく分けて次の3種あります。

 1. 機械板金
 2. 自動車板金
 3. 建築板金

今野製作所は『機械板金屋』に属しています。
機械板金屋は、金属材料(薄板・棒・パイプ)を切断・変形・溶接加工をして、品物を製作していきます。

機械板金でも、扱う品物や使用する設備によって『精密板金』と『汎用板金』にタイプが分かれます。今野製作所は『汎用板金屋』です。

このページのトップへ

精密板金屋とは

それでは精密板金とは、どのような加工でしょうか? 同じ板金屋さんでも、わたくしたちとは、仕事内容や得意とするところが大きく違います。ライバルというよりは、補完関係にあります。全国で優秀な板金屋さんが活躍しています。

特徴

板金としては精度の高い製品を、繰り返し・数多く量産するタイプの板金加工です。
板厚(t0.5~t1.5)の薄板で製作する際の寸法公差は±0.5mm以下、溶接要素ができるだけ少ない製品を得意としています。

得意分野

電化製品やパソコンなどの機械部品のように、精度が必要で数量も多い製品の加工・組立を行います。
生産する際には、図面をCADデータ化し、その情報を基にレーザ切断機・NCベンダ機・タレパン等の最新の加工機械を使用して自動で加工・組立します。ですので、製品固体誤差は少なくなります。
また量産効果があるので、数量が多いものは単位あたりのコストを下げることができます。

苦手分野

設備に高額な投資が必要なこと、CADデータ~NC加工という組み合わせが基本のため、単品・カスタム生産では図面データの作成工数や段取工数面でコストが高くなってしまします。
もちろん小ロット生産への対応はされていますが、多くの場合、単品製作は、量産移行を前提とした試作が多いです。

このページのトップへ

汎用板金屋とは

精密板金に対して、汎用板金とは、どんな業態でしょうか。今野製作所は、この分類でいえば、「汎用板金」に属しています。

特徴

単品で小ロット生産する板金屋です。
板厚(t0.8~t3.0)の薄板で、製作する際の寸法公差は±1.0mm程度、溶接が多い組立品を得意としています。
※大型タンクやプラント設備など大型のものは「製缶板金」と呼ぶことがあります。

得意分野

専用器具・冶具や設備カスタマイズ(架台・ケース・カバー)のように、現物合わせや詳細な寸法・図面がなく数量が少ない製品の加工・組立に向いています。
生産は職人が手作業で行う場合が多く、設備は手動で動く汎用機を使用します。ですから、生産の途中で仕様を変更したり、改良を加えるなどのフレキシブルな対応が可能です。

苦手分野

手作業での加工・組立のため、精度を必要とした部品の製作・組立は苦手な場合が多いです。また、基本的に中ロット・大ロット生産の場合には向きません。
一般に職人的な零細加工業者が多く、納期管理やCADデータ活用などが弱点となっています。職人の高齢化が進み後継者がいない町工場が多く、残念なことに技能伝承がなされないままに廃業してしまう板金屋があることも現状です。

===> これに対して今野製作所がめざす、「次世代型汎用板金屋」とは・・・?

このページのトップへ