ステンレス製品をオーダーメイドしませんか?
ご相談・お問い合わせフォームへ
特注・単品試作・小ロットでの製作承ります

今野製作所のワザ

ホーム > 今野製作所のワザ > 絞り

絞り

ステンレスを絞るための設備

スピニングマシン

ステンレス絞りの特徴

絞り「絞り」は、つなぎ目があってはならない場合(粉体用ホッパ等)には、プレス成型加工で対応するのが一般的です。
しかし、プレス成型加工は金型を作る費用が数百万円になるので、大量生産でないとコストを抑えることができません。ですから、少量・単品生産には向いていません。
今野製作所では50個程度までの中ロット生産に向いている『へら絞り(スピニング)』成型加工機を導入しています。
へら絞りは薄板やパイプを回転させながら、簡易金型に沿って専用のへらでなぞって変形させる加工です。新幹線の頭部やH2ロケットの頭部にこの加工が使われています。
へら絞りは曲面加工に適しており、小・中ロット生産の場合は工夫次第では、プレス成型加工よりコストを下げることが可能です。

スピニング加工の様子を動画でご覧いただけます
ADOBE FLASH PLAYERをダウンロードこのページの動画をご覧いただくためには最新のFLASH PLAYERが必要です。左のバナーからダウンロードができます。
このページのトップへ