ステンレス製品をオーダーメイドしませんか?
ご相談・お問い合わせフォームへ
特注・単品試作・小ロットでの製作承ります

会社案内

ホーム > 会社案内 > 会社の基本精神

会社の基本精神

経営理念

  1. 私たちはお客様の「ほしい」を「かたち」にすることを喜びとします。
  2. 私たちはお客様の声を聞きく努力、お客様にご説明する努力を惜しみません。
  3. 私たちはプロとしてお客様に役立つために「ワザ」を磨き「チエ」を絞ります。
  4. 私たちは社会的に善でありつづけるために自らを律します。
  5. 私たちは志をともにする社内外の仲間を大切にし協働します。

工場内での写真1961年の創業以来47年。私たちは多くのお客様との出会いにより支えられてきました。

お客様からこんなものはできないか? これをつくってほしい。
こうした声をいただいたとき、ときには能力不足ながらも、「なんとか形にしよう」という強い意欲をもって仕事に取り組みました。
お客様とのコミュニケーションをなにより大切にし、お客様の「ほしい」をお伺いして理解に努め、一方で当社の意見、チエをお伝えすることを惜しまない。こうした姿勢で仕事をしてきたのです。

常に自らの技術知識と技能の向上につとめ続けることをプロとしての最低条件とし、スタッフのひとり一人がお客様にお役にたてる力をつけるよう研鑽の努力をしています。日常の判断においては、損得よりも善悪をまず優先することを肝に銘じています。
どのような仕事も本質的に一人では、一社ではなしえないとの考えのもと、社内においてはチームワークを重視し、社外との関係ではパートナーとの協働をなにより大切にしています。

こうした創業以来培ってきた考え方を5箇条の経営理念とし、私たちの存在意義を『「ほしい」を「かたち」に』のキャッチフレーズに表現しました。

このページのトップへ

ビジョンを追いかける経営~サッカー型組織

今野製作所では、経営にあたっては、5カ年毎に中期ビジョンを策定しています。5カ年後の「ありたい姿」を描き、そこに至るロードマップの仮説を立て、経営課題を毎年の経営計画に落とし込んで日々の業務にあたっています。
2003年4月には東京都より経営革新法に基づく認定を受けて、2007年に計画内容をほぼ100%達成して計画期間を終了することができました。さらに2007年11月には、東京中小企業投資育成株式会社からの出資を得て、中小企業ながら社会の公器としての経営の高度化、基盤の強化を推進しているところです。

打ち合わせの様子30数名と少人数の社内は、個性派揃いです。
現場では、この道40数年のベテランの熟練職人、30代の脂がのってきた中堅、20代の「未来の匠」がともに働き、技能が日々伝承されています。
設計、生産技術、生産管理を担う技術スタッフと、ものづくり職人達との融合も特徴です。
最新のIT技術を活用した工程管理や、ワザをサポートするCAD、データベース等により、従来技術に+αの付加価値を加えたサービスを心掛けています。

スタッフと職人のチームワークにおいては、「サッカー型」をイメージしています。
それぞれ得意をもった担当者は、状況判断と相互のコミュニケーションで、自分が何をすべきかを判断しながらプレーしています。
正確なパスでチャンスをつくる人、足の速さを活かす人、頑強なディフェンスなど、それぞれの個性を生かしつつ、同じゴールを目指します。

創業から47年で培った「目に見えない資産」を基盤にして、常に新しい技術に挑戦しながら、未来に向かって前進する。
今野製作所は、これからも、お客様の「ほしい」を「かたち」にしていきます。

このページのトップへ